岩手の四季と風物詩

岩手の四季と盛岡の観光をご紹介

盛岡さくら祭り

4月中旬から5月頭GWにかけて盛岡城跡公園と高松公園にて開催。盛岡名物のしょうゆ団子やお茶餅を頬張りながらの桜見物は、なかなかおつなもの。
また、国の指定天然記念物「石割桜」と日本のさくら名所100選の「高松公園のサクラ」も見頃です。夜桜もお楽しみいただけます。

チャグチャグ馬コ

農耕馬に感謝する200年以上に及ぶ伝統行事で、色鮮やかな装束で着飾った100頭程の馬と馬主が、滝沢市鬼越蒼前(おにこしそうぜん)神社で参拝し、盛岡八幡宮までの約13キロの道のりを約4時間かけて行進します。
昭和53年に国の無形民俗文化財に指定され、平成8年には環境庁「日本の音風景100選」に選定されました。

さんさ踊り

盛岡さんさ踊りは、昭和53年に第1回を開催して以来、今年で40回目を迎えます。本年も8月1日~4日までの4日間、中央通をメイン会場とし"魅せる祭り"と"参加する祭り"のコラボレーションを展開し祭りを盛り上げます。

八幡の山車

9月14日(木)~16日(土)盛岡八幡宮祭りの山車行事は初日13時から八幡下り、翌日18時からは山車パレード。
各町内の山車が勢ぞろいする、祭りの見どころです。最終日は八幡宮境内で(やぶさめ)が行われます。期間中は、参道から八幡宮の通りにかけて屋台がたくさん出て、参拝の人たちで大賑わいとなります。

岩手の冬

岩手の魅力の一つに「きびしくも美しい」スポットが沢山あります。冬の一本桜や、八幡平の絶景も素晴らしいです。
北ホテルから徒歩2分、盛岡城跡公園にて開催される「もりおか雪あかり」では幻想的な灯りが暖かくさせてくれます。また車で10分の岩山展望台では盛岡中心部と岩手山の雪景色の絶景をお楽しみになれます。